不動産投資

不動産投資ローンはいくら年収があれば良い?【500万です】

「年収500万円のサラリーマンだけど、一棟アパートの不動産投資を始めたいなあ。」
「いろいろな記事を読んだが、年収500万円では不動産投資ローンは厳しそう。。。」
「年収500万でも不動産投資ローンを受けられる方法があれば知りたい。」

上記のような悩みを解決します。

本記事では、年収500万で一棟アパートの不動産投資ローンが組める理由と方法を解説します。

この記事を書いた私は、年収550万で4000万する一棟アパートをオーバーロンで購入できた実績があります。この実績を踏まえて、これから不動産投資ローンの組み方について解説していきます。

年収500万円のサラリーマン向け不動産投資ローン

簡単に言うと、年収500万円でも不動産投資ローンを組むことは可能ですが、一棟アパートと集合住宅では融資を受けるための基準が異なります。一般的に一棟アパートの場合、年収600万円以上が融資の条件と言われています。
とはいえ、年収500万円でも融資してくれる金融機関や銀行もあり、実績も多数あります。

一棟アパートの不動産投資ローン融資条件が年収500万でもOKな金融機関は主に以下になります。

  • 日本政策金融機構
  • 商工中金
  • ノンバンク系
  • 地方銀行

主に上記4つになり、私の場合は地方銀行からフルローンの融資を受けることが出来ました。

不動産投資ローンの融資条件を理解する

ーン

不動産投資セミナーへ参加

不動産仲介会社を活用

また、属産仲介ートの対ートの対

私もなかなか、融資審査が通らなかったため、不動産仲介会社に相談したところ審査に通るための資料準備や購入予定物件の価値を判定してもらったりとサポートしてもらい、半年後にはオーバーローンが出るほどの物件を購入することが出来ました。

ーンの種

ーン、あなたの属の目、冒頭でも申してる通り一棟アパートで500 の年の目の就労状況や物件の価値

退の対 の際 ーンの属の状況

ちなみに私の例で行くと、年収550万、東証スタンダード、勤続年数3年、退職金2000万となります。不動産投資ローンの融資条件ではちょうどスタートラインに立てるかどうかの条件ですが、オーバーローンで融資を引くことが出来ました。
理由としては「か」これが大分良い評価を得たためフルローンを引けた一番の理由です。

年収500万でも不動産投資ローンでフルローンを引く方法は後程公開します。

属性を上げるためにできる対策

融資を受けるために属性を上げる対策は主に以下の3つです。

1.自己資金を増やす
2.副業で年収を上げる
3.転職する

自己資金を増やす

ーンの通過

ート20ート20

仮にフルローンを狙える物件だとしても自己資金は持っておいたほうが評価は高まります。というのもフルローンで物件を購入できたとしても諸費用もろもろ含めると物件価格の10%は必要になります。

なので自己資金比率が低いと金融機関は「家賃収入をローン返済にあてられず、諸費用の支払いで消えていくのでは?」と思われ属性評価にマイナスを与えてしまいます。
※たまに不動産コンサルで「自己資金0でも一棟アパート購入可能!」と宣伝してるとこもありますが、真っ赤なウソですのでお気を付けください。

以上のことから自己資金比率を20%程度まで増やしましょう。

副業で年収を上げる

、金融機関の通過

の収、金融機関

ートーンの通過なりますがの安。そのため副業し、の通過

転職する

ートーンの通過す。状況の2


財務力が強いため、融資を受ける上で銀行など金融機関から信用がつきやすくなります。
②収入が安定
の確

以上のことからの通過。さらにの金あるため職することも大きな武器になります

さいごに

私たち持たざる者のサラリーマンが、持てる者になるためには不動産投資は最強の手段です。ーマートの副

ート

ートーマーマの収